biyousituyasumi 冬になってくると空気が乾燥してきますよね。お肌も体も乾燥してくると わりとかゆい><。実は、髪の毛も意外と、パサパサになってしまうのです。 最近乾燥注意報が出ているので、保湿ケアがかかせない毎日です。 しかし、ちゃんと髪の毛も保湿しないと乾燥してしまうのです! 今回は、美容室さんが教えてくれたとっておきのヘアケア方法を書いていきたいと思います!

髪を乾かす前のトリートメントやヘアオイルが乾燥を防ぐ!

この季節はUVケアもしっかりしなければなりません。特に日中は乾燥しやすいので、 髪の毛も水分不足だ~とカラカラに…。そんなことにならないためにも、夜、髪の毛を洗って お風呂あがりになったら、しっかりタオルドライして、髪の毛を乾かす前に洗い流さないトリートメントをするか 椿オイルなどのヘアオイルを髪になじませてから、乾かすと格段に違ってきますよ! http://www.hairdesign-anloop.com/ 三軒茶屋のおすすめ美容室!

魚をとるようにするとGOOD!

髪の毛がなんだかイマイチ…パサパサする!そんな時は食生活を見なおしてみるといいでしょう。 その原因はお肉!確かに人類はお肉が大好き!焼き肉でもなんでも食べちゃいますもんね。しかし、日本人は魚中心の生活だったので、 魚中心の生活にしてみましょう。他にも人参やカボチャ、レバーなど乳製品などもいいそうです。 > Read More
メンズエステのお店でアロマオイルを使ったマッサージをしてもらうのが好きです。アロマオイルを使ったマッサージは単に力を入れて行うマッサージとは違い、からだのなかから癒されて、コリがほぐされていくような感覚がしてとても気持ちがいいのです。アロマの香りも好きなものが選べるのですが、私は担当してもらうエステティシャンにおまかせしています。デザインもスタッフのセンスの光る素敵なお店で、今後も通ってしまいそうです。

テレビを見ながらお手軽マッサージ

近頃むくみが気になっているんです。そこで、やってみようと思ったのがリンパマッサージです。いろいろ情報を調べてみて、参考にしました。まず、手足の末端から体の中心に向かって手でさするようにして、リンパの流れを良くする感じでマッサージしてみました。意外と簡単な上になんだか引き締まった感じがするので続けています。そのうち手だけでは物足りなくなって、手近にあったラップの芯でやってみました。これも結構いい感じです。今ではテレビを見ながら手足やウエストを、ラップの芯でマッサージしています。

マッサージをするとすっきりしていいです。

お店で三軒茶屋 マッサージを受けるのも好きですが、自分でマッサージするのもいいです。 私は全くの自己流なのですが、それでもそれなりに体が軽くなります。 お風呂に入っている時にすることが多いですね。 リンパの流れをよくするように、軽くマッサージをするだけでだいぶ違います。 むくみも取れるので、割とマメにマッサージをしています。   > Read More
アトピーはどうしても、生まれつきの体質にもよります。 ですから、アトピー体質の人は、どうしても、アトピーと上手に付き合っていく必要があります。   小さいうちから、薬づけの生活をしていると、どうしても薬を飲まないと調子が悪くなってしまうでしょう。 ですから、薬は最小限に抑えるか、飲まないようにしていって、 あとは、アトピーに良い食べ物で改善していく方法が望ましいでしょう。 アトピーには、乳酸菌が良いと言われています。ですから、乳酸菌を毎日きちんと食べるようにしていけば、アトピーにはとても良く効きます。 なかなか乳酸菌が毎日取ることが難しい、という人には、アトピー改善のための乳酸菌のサプリメントもあります。   それは、カルピス社のアレルケアというサプリメントです。このサプリメントは、とてもアトピーの人には良く効きます。 たくさんの乳酸菌の中から、「L-92乳酸菌」を選んで作られたサプリメントなので、 体の調子を整えてくれるサプリメントなので安心して続けられます。これで、アトピーの天敵である乾燥の季節も怖くないです。   乳酸菌を摂ると、とても体の中から健康的になれます。 手軽に乳酸菌を摂取して、アトピーの改善をしていきましょう。 プロに任せてみたいという人はアトピーを改善してくれるエステがオススメです。CX_FV077 > Read More
af9970003952w私たちはいつどこで亡くなるのか分かりません。急に体が急変して亡くなるかもしれませんし、すぐそこで事故にあうかもしれません。 そういうことを考えると自分が死んだ時のことを考える必要があると思います。自分がどんなお葬式をしてもらいたいか今から考えてみるのも 悪くないと思います。 今意外と、お葬式というのはたくさんあります。その一部を紹介したいと思います。 【家族葬】 親しい身内や友人、親族のみで行われる葬儀のことです。親しい人たちのみの葬儀なので、 面倒な気を使わせることもないですし、費用を軽くしたいと臨む人がいるので、今多い葬儀の種類でもあります。 親しい人たちのみで行うので、気兼ねなくゆっくりとお別れすることができます。 【直葬】 直葬は葬儀を行わずに、親しい友人や家族など近しい人たちのみで直接火葬場でお別れする葬儀のことをいいます。 昔は、身寄りがいないとか経済的に難しいとかそういう時に行われていたのが多いです。 現在では、本人の希望でチャチャっと済ませたい人や負担を軽くしたいという気持ちがある人が多いです。 無宗教で行うこともできますが、お寺さんに頼めばお経をあげてもらうこともできるので、相談してみましょう。 > Read More
af0100007160腰の痛みには、自分で行うことができるマッサージを繰り返すことが効果的です。 激しい痛みがあるときは専門医の診察をすぐに受けるべきですが、特に原因となる病気がないときにはマッサージでツボを刺激することが効果的です。 私が行っている銀座のマッサージサロンで教えてもらったのです。 まずは、症状が出ているときや夜間に、 手のひらを身体に密着させてウエストからヒップにかけての領域を上下に2~4分間さすってやりましょう。 他に効果的なのは、床に足を少し曲げて座ったときに膝の裏にできる横ジワの中間にある「委中」や、 外くるぶしとアキレス腱の間のすぐ下で、かかとから指1本分程度上にある「僕参」というツボが痛みを和らげるのにつながります。 ぎっくり腰は腰の骨の関節のねんざや、筋肉に突然強い力がかかってしまうことによって炎症が起こることが原因で起こります。 発症してから1~2時間は安静にして痛む部分を冷却し、そのあとはマッサージを行って、痛みを軽減していくようにしましょう。 症状が出ているときには、ぎっくり腰の痛みがある側の背中全体を上下に3~5分程度さすります。 その後は、足首の前側で、足首を曲げたときにできるしわの中央辺りにある 「解谿」を若干強めに押したり、委中を左右10回程度押してやるといいでしょう。 超簡単!指を「ねじるだけマッサージ」で肩こりを改善する方法 - Peachy - ライブドアニュース > Read More
現代の日本人は国語力が足りない。そう言われ始めてから数年経った昨今、それと隣り合わせで大昔から言われてきたのがグローバルな人材が求められる社会です。最近の日本では小学生時から英語教育が始められ国際社会に出ても強い日本人を作ろうとやっきになっています。しかし、そんな子供たちが大人になってみれば英語をうまく使えない日本人がたくさんいるのが現状です。 なぜかといえば日本人は英語が現実的に必要だと感じられないからだと私は思います。別に英語なんて習わなくても日本で生きる分には必要のない力ですから。日本では必要のない外国語を勉強しようとおもうきっかけは外国で事業を起こそうとしたり、仕事でのコミュニケーションツールとしてなどのハッキリとした目標や目的がなければ到底学ぶ気にはなれないのは当たり前なのではないでしょうか。ただ漠然としたグローバル社会を目指すという意識で塗り固められている日本で今どんな外国語資格があるかみていきましょう。 現在最も注目されている外国語資格はTOEICです。アメリカ・イギリスを主軸に英語は世界的標準語とされています。そのため世界に合わせる=英語を学ぶという道理も通るわけです。それゆえに多くの企業は英語力を求めてきます。しかも、TOEICはスコア形式なので合格ラインよりも確実に自分の実力がわかるためその点でも重宝されています。 ヨーロッパ圏ではドイツ語やイタリア語、フランス語などが人気です。また何かと仕事関係で求められているのが中国語です。しかし、昨今の反日運動が激しい中国を懸念して企業側が離れる動きがあるとされています。そのため、他のアジア圏の言語も注目され始めています。フィリピン・インドネシア・タイなど日本の多くの企業が現地で工場を持っているためそれに対しての需要もあるからです。他にもアフリカ圏の言語やブラジルで多く使われるポルトガル語など経済発展が著しい国の言語も目を離せません。 日本にいるだけでもこれほどたくさんの言語を学べます。それなのになぜ日本人は外国語が喋れないのか。それは日本が豊かであると同時に絶対に外国語を必要ともされていないからです。なんにしろ外国語を真剣に学びたいなら自分の現実的な部分と繋げることが大事なのです。 > Read More
そもそも最近何かと話題にされるTOEICってなんだろうという人も少なくはないのではないでしょうか。TOEICとは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストと銘打ち、従来の検定で上手く測れなかった英語でのコミュニケーション能力に重点を置いたテストです。また、他の検定のように合格不合格というわけではなくスコア表示なので現在の英語能力を正確に把握でき、目標も明確にできるメリットがあります。 世界共通のテストとあるようにTOEICは世界約120カ国で実施されています。またTOEICは世界共通の基準を作るために他の言語資格のようなその国に住んでいても難しいような言い回しなどを問題から排除しています。なぜなら、英語をどれだけ理解しているかではなく英語をどのように活用しているかを測るテストだからです。 そのコミュニケーション能力を測るためにTOEICは受動的能力のリスニングとリーディングの2つを採点します。普通コミュニケーションというとスピーキングとライティングといった能動的能力も測るべきだと思いがちですが、TOEICでは2つの受動的能力によって能動的能力をも測れるよう問題設計をしています。 スコア評価・世界共通の基準・コミュニケーション能力の総合評価を武器にTOEICは2000年初頭から爆発的に受験者数が増え今では約200万人強の日本人が受験しています。年9回と他に類を見ない実地回数も魅力的で企業や学校などの団体向けのテストとしても活用されています。 今の日本はとにかくコミュニケーション能力の強化が叫ばれています。こんな紙ごときでコミュニケーションの何が測れるかと馬鹿にする人もいると思いますが、自分の英語力に説得力をもたす意味合いでもTOEICは現在の日本で重要な資格となっています。そのため参考書・勉強法も多く出回っているので空いている時間があったら試しに一度やってみるのもいいかもしれません。 > Read More
次に紹介するのは日本も所属するアジア圏の語学試験です。 アジアの国々は日本に近い分、多くの企業が進出しています。 そのため現地においての活動や現地スタッフとのコミュニケーションなどその国の言語が必要となってくることは間違いないです。現地に赴いた時、自分には何ができるか、自分の出来る範囲の幅を持たせる意味でも一つの目標として試験を受けてみるのもいいと思います。 まず、アジア最大国といえば中国です。 北京オリンピック開催や日本を抜いて経済成長率が世界2位になるなど今の中国は目まぐるしく変化しています。また日本の企業の工場もかなりの数誘致されており現地雇用にも一役買っています。 中国製品の輸入もアメリカに次いで2位と様々な面で中国は様々な生活でひょっこり顔をだします。こうした世界の動きから中国の交渉を滞り無く行うため中国語に強い人材を企業が欲している場合があります。 さて、本題の中国語検定ですが、中国語検定は大きく分けて3つの種類があります。 ひとつは日本中国語検定協会が行う中国語検定。これは英語の英語検定と同じく一定のレベルにおいて試験を行い中国語能力を認定していく試験です。試験は年3回、全国各地で受けられますが、あくまで日本向けなので世界的に認知はされていません。 逆に世界的に認知されている漢語水平考試です。これは中国語を母語としない学習者対象向けに中国教育部が推進する中国語学試験なので世界に向けて中国語力をアピールできます。 中国自体が中国語についての試験を設けていたりとやはり中国は世界に向けて発信する能力は長けています。しかし、昨今の日中関連の事件から日本の企業も中国だけに頼ることを止める「脱中国」の動きを見せています。そのため、これからは中国以外のアジアの国の言葉も注目されはじめています。 その注目されている国々はカンボジア・タイ・ベトナム・インドネシアなどの東南アジア諸国です。インフラ整備がされている国はもちろんミャンマーやラオスといった経済後発国も同じく関心が高くなっている国と言えます。 しかし、そういった流れができているのですが、未だ個人向けの言語資格がない国も多くあるのが現状です。そこで今回は少ないながらも東南アジア諸国で行われている試験の紹介をしたいと思います。 まずはインドネシア語。インドネシアの言語はマレーシアのマレー語とフィリピンのタガログ語とも非常に似ているためインドネシア語を学習すると他の言語もなんとなしに理解できてしまう便利な言語です。 そんなインドネシア語の技能検定試験を開催しているのは日本インドネシア語検定協会です。試験は年をまたぎますが、7月と1月に行われ特A級からE級までの6段階に分かれています。インターネット申し込みほか過去問題集もでているため学習しやすくなっています。 インドネシア語と同じぐらい整備されているのがタイ語です。 タイは親日国も有名なのでその分タイ語検定試験の導入もスムーズに行われ、タイ語に対しての語学本やハウツー本も多く出回っています。試験は実用タイ語試験といって1級2級準2級~5級の6つの級で構成されていて3級までは合格率50%と比較的高い水準を誇っています。 東南アジア圏ではこの2つが大変ポピュラーな言語だと思うので趣味も兼ねて学ぶのもいいかもしれません。また同じ東南アジアのシンガポールは英語、マレー語、華語、タミル語といった公用語が4つもあるためどれか一つ学べば大体通じる仕組みになっています。 他にも隣国の韓国語も観光目的で学ばれる方がいます。仕事目的ではなくてもその国に興味をもった時から学んでみようかなという気持ちはだれでも持っています。特にアジア諸国は日本からも近く、代金も安く済み、大変人気があります。 アジアの言語はまだまだ需要がある言語とも言えるので強い目的意識や目標があれば実を結ぶ可能性が高い言語です。 > Read More
ヨーロッパというとそれぞれ有名な国が浮かぶと思います。イギリス・ドイツ・フランス・スペインなどオリンピックやワールドカップなどの世界的イベントにも必ずでてくる国がちらほらあります。ヨーロッパ圏内はひとつの言語で通るかといえばそうではありません。あの多くの国が隣接する地域で英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語とそれぞれが力一杯に自分たちの言語を押してきます。それほど自分たちの言語に彼らは誇りをもっているということです。ヨーロッパ圏内は現在経済状況があまり芳しくありません。昨年はギリシャの経済破綻が日本でも取り沙汰され今や各国ユーロ離脱路線の方向に傾く可能性がでてきました。しかし、現在でも日本国内においてヨーロッパへ観光目的で渡航する人は後を絶たないし、有名ブランドも点在し日本への輸入目的で企業の買い付けも盛んに行われてます。そうした観点から各国の言語を勉強される方は多く、また大学や専門学校などで第2外国語としてヨーロッパ圏内の言語を学ばれる学生もいます。今回はそんな人気が高いヨーロッパ圏内の外国語資格を紹介したいと思います。 まずはフランス語。フランス人は大変プライドが高いと言われていて、フランスにきてフランス語を喋らない外国人にはフラン人は冷たいなんて噂されるぐらいです。しかし、フランス語は敷居が高いとされていてフランス語を正確に書けず間違うフランス人も多くいると言われています。とっつきやすさから言ったら間違いなく遠い存在ですが、フランスは多くの美術館や食など様々な文化に秀でているので触れてみたいと思う方は多いと思います。本題の検定のほうですが公益財団法人フランス語教育振興協会が実用フランス語技能検定試験を開催しています。公式サイトには合格者の声や学習のツボなど受ける上で前向きになれる仕様になっており一度見に行ってみるのもいいかもしれません。また、フランス教育省が開催しているTCF,DELFなどは国際規模の資格となっており、国連本部やフランス系企業、フランスに留学するための便利な試験です。TCFは獨協大学や上智大学、関西大学など各大学が窓口となっていたり、試験センターも全国にあるので受けやすいスコア形式の試験となっています。マークシート形式かつスコア形式なので合格、不合格はありませんので、ある意味では気軽に受けられるかつ自分のステップアップにも繋がる試験と言えるでしょう。フランスは多くの移民を受け入れ、様々な文化が混ざり合い発展してきた国なので窓口は相当広いです。しかし、窓口が広い分入ったあとが辛いのも現実問題なので、フランスで働こうと思っている人はある程度覚悟が必要かもしれません。 フランスに負けず劣らず有名なのがドイツです。ドイツ語というとオペラやベートヴェンの楽曲などから見られる力強い声と強烈な息を吐く発声方法のイメージがあると思います。またドイツは工業が盛んで特に車のブランドは有名でポルシェ、フォルクスワーゲンなどのラインナップとなっています。そのため外車専門店を営んでいる企業はドイツ語が堪能な人材を欲しているケースが多々あります。肝心のドイツ語の試験ですが財団法人ドイツ語学文学振興会が開催しているドイツ語技能検定試験略して独検があります。独検の試験概要は他の検定と同じですが、ドイツ語の検定試験はもうひとつあります。それがオーストリア政府公認ドイツ語能力検定試験です。これはドイツ語能力を国際的に証明する検定試験としてヨーロッパ議会の定める基準に則ってオーストラリア政府が開催しています。試験構成は独検と違いすべてのレベルに記述と口述試験があり、コミュニケーションがとれることが必須条件となっています。年2回会場も大阪、札幌、東京、名古屋と都市部だけなので地方に住まわれている方は受けるのが困難かもしれません。大学の医学部や法学部などでは未だにドイツ語が選択必修になっている大学もあります。それほどドイツ語というのは世界に根強く残っている言語といえます。国際的に証明する検定試験もある言葉なので外国で働いてみたい方は勉強してみる価値があるとおもいます。 最後は情熱の国イタリアです。イタリアといえば男性が情熱的で踊りと酒の国のイメージが大きいですが、ファッション業界においても他の国の追随を許さない地位を確立しています。プラダ、グッチ、アルマーニなどの服飾ブランド、靴のフェラガモ、宝飾品ではブルガリなど日本でも人気のブランド排出国となっています。またイタリア料理などの食文化も盛んなため、ファッション業界や外食業界などイタリア語ができることで就職がプラスとなる国は多いです。さてイタリア語の試験の概要ですが、大きくは日本の協会が開催している実用イタリア語検定とイタリアのシエナ大学が実地しているCILS、イタリア政府公認のダンテ・アリギエーリ協会のPLIDAの3つがあります。実用イタリア語検定は日本向けですが、CILSとPLIDAはイタリア政府が留学やイタリア系企業向けのために開催している試験です。歴史からみればCILSのほうがあるんですが、PLIDAも充分イタリアで通用する資格試験です。実用イタリア語検とCILSはリスニング、読解、文法、筆記、会話といったオーソドックスな試験に対してPLIDAは文法の部分がなく、よりコミュニケーション重視の試験となっています。試験に違いはあれど母語とは違う言葉を学ぶことはモチベーションが鍵となっています。せっかく試験が3つもある言葉なのでどれか目標に選んで勉強してみるのも良いと思います。 イギリス、スペインといった国も窓口が広い試験を設けています。ヨーロッパは古くから留学生や移民を受け入れる 文化があります。そのため国際規模の外国語資格も用意されているので非常に試験を受ける側にとっても嬉しい環境ではあります。しかし、思った以上にそのハードルは高く上手くいかないことのほうが多いと思いますが、勉強したことが全て無駄になることは絶対にないので高いモチベーションを保つ意味でも一つチャレンジのつもりで試験を受けてみてください。 > Read More
アジア圏・ヨーロッパ圏と紹介していきましたがもちろんそれ以外の地域の語学資格もあります。世界最大の国土を有するロシア、世界有数のリゾート地ドバイ、リオオリンピックが控えるブラジルなどまだまだ言語資格の需要がある国はあります。今回はそれらの国ついて紹介したいとおもいます。 ロシアは世界第1位の面積を誇り、国連常任理事国の一つでもあります。また、サウジアラビアに次いで第二位の石油輸出国でもあるのでエネルギー関連の産業が盛んです。そのため中東に頼らない石油ラインを確保するため日本側の企業の多くがロシアとの繋がりを強化しようとしています。特殊なところで言えば宇宙飛行士になるためにロシア語をマスターしなければいけないといった面もあります。こうした背景からロシア語も世界で自分を発揮するための武器となりうる言語でしょう。さて、本題のロシア語の資格試験ですが日本人向けにロシア語能力検定委員会が昔から行うロシア語能力検定試験と外国人向けにロシア連邦教育科学省が認定する国家試験ТРКИ(テ・エル・カ・イ)があります。主に受験者のロシア語でのコミュニケーション力を判断するのもで入門、基礎、1~4の6段階にわかれ、第一レベルに合格するとロシアの大学に入学できると証明されます。ロシアというと遠い国を想像しがちですが私達日本人とは領土問題で争う立場にもある国です。親しいからこそ需要がある国はアジア以外ではロシアが一番かもしれません。 打って変わって次に紹介するのはドバイや北アフリカの国々です。ここ数年様々なメディアでドバイの映像が流され、その錚々たるリゾートぶりに圧倒されたと思います。ドバイはUAE(アラブ首長国連邦)に所属しており元々は石油資源に乏しかったのを外資系資本を積極的に誘致しリゾート地専用にした経緯があります。リゾート地ということでショッピング、ホテル産業のほか建設産業も盛んに動いています。日本企業でいうと日立製作所や大林組などの建設業界が目立ちます。とにかくお金の羽振りが良い国なので日本車も売れているとか、昨今では無印良品も進出し始めたので中東の国々はまだまだ需要があると思います。そんな中東の国で多く使われているアラビア語、世界で3番目に多くの国と地域で使用されている言語で国連の公用語にも採用されています。試験のほうは今まであまり注目されていなかった言語なだけに日本人向けの試験ができたのが2007年とつい最近の出来事です。日本アラビア語検定協会が主催する実用アラビア語検定は日本初のアラビア語の資格試験ですが、民間の検定なので公的な性質を含みません。しかし、まだ国内で唯一のアラビア語の能力を判定できる試験なので外資系の企業にアピールするときはかなり有効だと言えるでしょう。アラブというと石油マネーがよく全面に押し出されますが、シリアやヨルダンのように情勢が悪い国もあります。しかし、国連の公用語にも採用されるほど需要はある言語であり、これから先日本企業が中東に進出するとき求められる能力だと思います。 最後に2016年にリオデジャネイロオリンピックを控えるブラジルを紹介したいと思います。南アメリカにおいて最大の面積を誇り、経済規模も世界第6位と成長著しいです。今ではBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国)と世界規模で有力視されている地域とも言えます。一般人のイメージだとサッカーやバレーなどのスポーツ強豪国でもありますね。また、ブラジルは世界最大の日系人居住地でもあるため日本語が通じてしまうこともあることがしばしばあります。さて、ブラジルの公用語のポルトガル語の試験についてですが、ブラジル教育省が外国人のためのポルトガル語検定試験として年2回CELPE-Brasという試験を実地しています。日本においては京都外国語大学が窓口となり、ブラジルの企業やポルトガル語を活かす仕事に就く場合、ブラジルの大学院への入学など様々な目的のために開催されています。試験内容は筆記試験と面接試験に分けられ一定の合格ラインを超えると中級、中上級といったように各レベルの認定を受けられます。ブラジル本地に留学や出張行っているあいだは受けやすいようですが、日本ではまだまだ窓口が少ない試験かつ難易度も初級向けとは言いがたいので手間がかかる試験とも言えます。まだまだ日本向けとは言えませんが、ブラジルは昔から日本との交流があった国なだけに言語を話せる需要も一定量あります。そしてこれからの経済成長を鑑みればその需要も増加していく可能性が充分にある言語です。 この3つの国はそれぞれ今もなお経済発展著しく世界でも注目されている国々です。世界の流れというのは常に流動しているものですが、その流れをつかむためにもまず基本である言語を学ぶのは大事なことです。自分の幅を広げる意味でも需要がある国についての情報は常にチェックしましょう。 > Read More